ごみ質分析は昭和環境分析センター

ごみ処理施設のごみ質分類、灼熱減量などを行います。

関係法令

ごみ焼却場においては処分対象のごみ質が焼却炉管理上重要になりますが、その分析は厚生省通達の方法を標準としています。弊社では通達の手法に従い試料の調整を含む一環したごみ質分析をお受けします。

  • 厚生省環境衛生局水道環境部環境整備課長通告 (環整第95号)

環境基準

 

100T/日未満

100T/日以上200T/日未満

200T/日以上

連続炉

10%以下

10%以下

7%以下

バッチ炉

15%以下

-

-

熱灼減量は焼却残渣中の未燃分を重量%で表したものである。

このページのトップに戻る
昭和環境分析センター ホーム
ごあいさつ
会社案内
交通アクセス
業務案内
土壌汚染調査
土壌分析
水質分析
大気分析
ごみ質分析
悪臭分析
ダイオキシン測定
産業廃棄物分析
飲料水検査
関連リンク集
調査依頼お申し込み
お問い合わせ

当社は、土壌汚染対策法第3条第1項の規定に基づき、環境省から指定調査機関に指定されております。

指定番号 環2004-1-19
指定年月日 平成16年2月20日

昭和環境分析センター 群馬県館林市